あれは中2の春休みだった。
大学を卒業した叔父が、東京の下宿先から荷物を引き揚げた時
その荷物の中にあったギターを、もう弾くことはないからとくれたのだ。

当時はニューミュージックとかが全盛で、学校でも休憩時間には
ギター本などが回し読みされて、ギターが弾けるなんていうと
みんなから羨望のまなざしで見られたりして、そりゃあ大変なものだった。

私はもらったギターを一生懸命練習したものだ。
もらったギターはクラシックギターだったから、フォーギターのように
ネックが細くなかったので、Fのコードを押さえようとすると
手首や指がツリそうになったりして、それでもやめなかった。
本当に夢中だった。
1曲ずつ弾けるようになっていくのが、本当にうれしくて楽しかった。

もう長い間、ギターなんて触ったこともなかったが、今日たまたま、
当時流行っていた曲を聴いて、久しぶりにギターを弾いてみたいと思った。

もう、弦も張り替えないとダメだろうなあ。
明日、新しい弦を買いに行ってみるかな。